しわ医薬品がしわ対策化粧品より凄い理由

しわ医薬品がしわ対策化粧品より凄い理由

しわ医薬品がしわ対策化粧品より凄い理由
しわ改善に化粧品よりも医薬品を選ぶべき理由とは?

 

多くの女性を悩ませる、顔の小じわですが
アンチエイジング化粧品がテレビや雑誌で大々的に紹介されているのを見ても
ニーズがあり、売れているんだろうなと感じると思います

 

また、多くのしわに悩んでいる女性が使っているのを見ているかもしれません

 

実は、化粧品で肌の奥に浸透するという言葉には罠があります

 

化粧品の多くがコラーゲンを配合していて、肌の奥まで浸透させて・・・と言う
キャッチコピーを使っていると思います

 

肌の奥って一体どこでしょうか?

 

しわ医薬品がしわ対策化粧品より凄い理由
あなたが美容について、熱心に情報を集めている方なら表皮と真皮という言葉を聞いた事があると思います
しわは、真皮にある、コラーゲンとエラスチンの現象によっておきる現象です。

 

なので、コラーゲンを外から補給してあげるというのが多くのアンチエイジング化粧品の宣伝なのですが
実は、日本の薬事法の関係で化粧品では角質層においてのみ保湿効果があるものと限定されてしまっています

 

つまり、真皮まで届く化粧品と言うのは、ありえないという事になります

 

肌の奥までと言っても、肝心の真皮には届いていません

 

逆に医薬品であれば、その制限がありませんので真皮に直接働きかける成分にしても違法ではないという事です。
ただし、国内にはしわに効果があると言う医薬品は1種類しかありません

 

別ページでまとめていますので興味のある方は、参考にしてみてくださ
しわ医薬品について